1. 本当の牛乳飲んだことありますか?

山地酪農とは

本当の牛乳飲んだことありますか?

本当の牛乳飲んだことありますか?

だれしも、牧場で搾りたての牛乳を飲むのはおいしいと思うでしょうが、山地酪農で育った牛がもたらす牛乳には、そんなイメージ的なおいしさ以外に様々な特徴があります。
自然の草を餌にする牛が作り出す生乳の乳脂肪分は、本来 3.0% ~ 3.5%程度。夏場、水分量の多い青草を餌にしている期間は乳脂肪分が低く、乾草が主体になる冬場には乳脂肪分は増加します。一般的には乳脂肪分の多い牛 乳が、濃くておいしい牛乳と思いこんでいる方が多いようですが、牛乳のおいしさやコク・風味は、乳脂肪分だけで決まるものではありません。
自然の中を歩き回り、本来主食とする安全な餌で育った牛が出す乳は乳脂肪分が多少低くても、牛乳本来のおいしさを感じることができるはずです。

酪農家が一番おいしいと思う搾り立て牛乳の飲み方

搾りたての生乳を鍋に入れ、30分以上かけて70度~80度で加熱する。
鍋にふたをせず、水分を蒸発させながら、できるだけゆっくりと吹きこぼれや焦げ付きの出ないように湧かす。
すると搾り立ての生乳よりも、はるかにおいしい牛乳ができあがる!
こうして自家殺菌した牛乳の荒熱をとり冷蔵庫で冷やしておくと、さらにおいしい!