1. 最新情報

最新情報

2016.05.26

30年ぶりに放牧地を拡張!

中洞牧場は、1984年の入植以来、およそ50ヘクタール(1ヘクタールはだいたい野球場のグランド1つ分ぐらい)の自社牧場で放牧を行ってきましたが、販売量の増加や2箇所の今夏新規出店に伴って生乳の不足が見込まれていたことから、このほど隣接する30ヘクタールの山林を賃借して放牧地を拡張することになりました。

新たに借りる山林は林業地のため、既存の牧場ように樹木の少ない野シバ斜面をつくるのではなく、林業に必要な木を残しつつ放牧を行う『混牧林』としての牧地づくりをめざし、『林業と畜産の両立』『里山の保全』『輸入飼料に依存しない畜産』などの具体策を提示してまいります。



5/22 には神主さんに来てもらって開牧式を行いました。

 

牧場長を先頭に、牛たちが放牧エリアに向かいます。

 

木やクマザサが生い茂る山に入っていくウシたち。新鮮な葉っぱがいっぱいで大喜び?