牧場の一日

中洞牧場のスタッフは、牛の生活リズムにあわせて一日を過ごします。
山地酪農は、本来の生態に限りなく近い牛の暮らしを最優先し、その中に 「 人間が必要とするだけの牛乳を分けてもらう 」 というプロセスを組み込んでいます。したがって、搾乳を除き人間が酪農を営むために必要なこと ( もともと牛にとっては余計なこと ) は、牛たちが山にいる時間を使って行っているのです。
そんな中洞牧場のある一日をご紹介します。

牧場スタッフブログ