1. 中洞牧場における放射能測定

中洞牧場における放射能測定

2011年3月12日に発生した福島第一原発事故以来、各地で食品から国の暫定基準値を上回る放射能が検出されたというニュースが続いています。こうした状況を受け、私たちは牛の飼育から乳製品の製造・販売までを一貫して行う企業の責任として、原乳と野シバの核種別残留放射能検査および牧場の環境放射線測定を始めました。

中洞牧場と福島第一原発との距離

中洞牧場と福島第一原発の距離は直線で 267 km あります(東京・福島第一原発間は直線距離で 220 km)。決して絶対的な安全圏とはいえない距離ですが、測定結果は低い数値が続いています。 この低い数値が続いているのは、中洞牧場の南方に位置する 1,200 ~ 1,900m の北上山系の長大な山塊が壁となって、放射性物質を防いでくれているからではないかと考えています(中洞牧場の標高はおよそ 700 ~ 850m で、北上山系中の窪地にあります)。
生乳の放射能物質検査結果はこちら

原乳および飼料(野シバ・乾草等)の放射能物質検査結果

検査結果が継続的に「ND=不検出」のため、2014年8月以降は 6ヵ月毎の検査に変更しました。
検査結果が継続的に「ND=不検出」のため、2013年12月から 4ヵ月毎の検査に変更しました。
同じく 2013年12月からは、検体を生乳のみに変更しました。
2013年8月からは検査期間を(株)江東微生物研究所 食品分析センターつくば分室に変更しました。
2011年5月より、中洞牧場の牛乳および乾草について、(株)同位体研究所での放射線量測定を毎週実施(2012年1月からは月一回に変更)・公開してまいりましたが、検査結果は継続的に ND(Not Detected = 不検出)ないし極めて低い数値であるため、2013年2月からは2ヵ月に一回の検査に変更しました。
検査結果PDF中、「野シバ」を検査したものであっても、検査の分類上は「牧草」と表記されていますが、中洞牧場では化学肥料を使用した一般的な牧草は牛に与えていません。
これまでの検査結果はこちら